FC2ブログ

友達の弟 第2章 回想 フェチMともの舐め犬になりたい

匂いフェチ系の少しMで舐め犬になりたい、ともの体験談や小説、興奮したDVDの紹介を細々と書いています。18歳未満の方は閲覧禁止です。

こんなブログを開設しました
ソフトM男・パンストフェチ向け動画-
ソフトM男、痴女、女王様、パンスト、脚フェチ、足フェチをキーワドとする動画をちょっぴり長めのサンプルで紹介しています。PPVはサンプル動画を見て選びましょう(^-^)
クンニテクニック
==========================================
女性が究極の快感に悶え叫ぶ
究極のクンニのテクニックが登場しました。
==========================================
クンニなんてマニュアルで勉強しなくても自然にできるものだと 思っていませんか? クンニの仕方はアダルトビデオでよく見てるから知っていると 思っていませんか? それは大間違いです。
お勧め動画
無修正・痴女M男動画ROSE LIP
イエローキャット
テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット
ホーム > スポンサー広告 > 友達の弟 第2章 回想ホーム > 友達の弟 > 友達の弟 第2章 回想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

友達の弟 第2章 回想

部屋へ行く途中の電車の中で、順のM性に気づいた睦子は、
どおやって、順をペットに仕立てるか、駅のトイレで、考えを整理する。
過去のペット奴隷の事を思い出しながら、順を相手に、想像を膨らませ、あそこを濡らす、睦子。

先にこちらをお読み下さい。



駅へ向かう間、順君は、後ろを不安げについてくる。
さすがに、名前まで知られているのだから、観念したのか、それとも、スカートの奥を見せてもらえる、と、期待しているのか、逃げる素振りは無い。

駅に着くと、順君の切符を買ってやり、
「いい、もうお仕置きは始まってるの、反抗したら、お姉さんにばらすからね」
そお言うと、改札を抜け、ホームに入る。
電車を待つ間、何をされるんだろうと、不安げな順君。
その不安げな表情を見ていると、私の中の、S性がむくむくと目覚めてくる。

  ふふふ、もうすぐ、私のペットにしてあげる

あえて、混みそうな車両に並んだ甲斐があり、車内は混雑しており、私たちは、扉の横に立ったままの状態だ。
私の前で、うつむいている順君。
私は、そっと、順君の脚を踏んでやった。
はっ!として、顔を上げる順君。
「なに!?」
ちょっときつめにそれだけ言うと、おどおどした態度で、
「いえ・・」
それだけ言うと、また、下を向いてだまっている。
時々、体重をかけると、痛いのか、一瞬、「うっ」と言う表情になる。
それでも何も言わず、我慢している順君。
私は、そんな事をしながら、最寄り駅までを楽しんだ。

  いいペットになりそうね

最寄り駅に着くと、「トイレに行くから待っていなさい」と言い残し、
トイレに行った。

  逃げようと思えば、逃げられるわよ。
  カメラも押さえてるし、さっきの、あの反応では、それはないか。ふふふ。

個室の中で、今からどうしてやろうか、と考える。
私は、この時間がたまらなく好きなのだ。

年下の男の子を、自分が汚して、服従させる快感。
1度知ってしまえば、病み付きになった。

  
初めてこの快感を教えてくれたのは、大学生の頃、同じサークルの後輩だった雄二だった。
雄二は、何かと言うと、私の側にいた、その内、進んでアッシーの様な事をするようになり、その日は、お酒が入っていた事もあり、家まで送らせた時に、部屋に入れてしまったのだ。
普通なら、押し倒してくる所だろうが、そんな素振りは全然なく、それどころか、初めて、部屋に入った事で、そわそわして、落ち着きがなく、緊張しているようだった。
私は、おかしくなって、からかってみる事にした、
「脚が疲れたからマッサージしてよ」そお言うと、ベッドに座り、脚を雄二の方に差し出した。
すると、彼は、「うん」と、返事をすると、うれしそうな顔をして、私の脚元に跪き、マッサージを始めた。
なかなか、気持ちよかったんだけど、「もう!へたくそね!」と、文句を言うと、「ごめん」と、素直に謝るのだ。
他の男友達と飲みに行った女に、「迎えに来い」と呼び出され、家まで送ったら、今度は、脚のマッサージをさせられる。それなのに、文句一つ言わず、それどころか、謝りながら、私に尽くそうとする。
この年下の男が、だんだん可愛く思えてきた。
それと同時に、もっと汚してみたくもなった。

私は、「もっと、丁寧にやりなさいよ」と、もう片方の爪先で、雄二のおでこをつついてみた。その時、多分スカートの奥が見えたのだろう。
雄二が、「はっ!」とした表情をしたかと思うと、ずっと、ある1点を凝視しているのだ。
私は、気付かない振りをし、文句を言いながら、爪先や足裏で、雄二の顔をなぞってみた。
雄二は、こんな事をされているのに、怒るどころか、ある1点を見つめたまま、一生懸命にマッサージを続けている。
私の中で、何かが、はじけたような気がした。
「どこを見ているの?」
優しく言うと、雄二は、あわてて目をそらし、「えっ!どこも・・」と、あわてている。
「うそ!ココを見てたでしょ?」とミニスカートをたくし上げるようにしてやると、雄二のあわてた様子が面白い。
「見たいの?」
雄二は、黙ってうなずいた。
「見てもいいわよ。ただし、もっと気持ちよくしなさい」いつの間にか、命令口調に変わっていた。
雄二は、見ても言いといわれた事で、私の股間を、凝視し、更に、念入りにマッサージを続ける。
「ほら、お口が暇でしょ」と、片方の爪先を口にあてがうと、舌を出して、舐め始めたのだ。
この時、体中に電気が走ったような感覚があった。
シャワーも浴びていない、蒸れている脚、きっと、匂いもしているに違いない。それを、愛おしそうに舐める雄二。
私の今の性癖は、この時、目覚めたのだ。

それからは、雄二が卒業して、地元に帰るまでの1年数ヶ月ほどの間、よく脚のマッサージと言っては、舐めさせながら、マッサージをさせていた。
ただ、それ以上の事はなかった。

二人目は、信吾と言う、会社の後輩だ。
信吾は、1年後輩で、入社したての頃、「飲みに行きましょう」と、よく、私にちょっかいを出してきた。
顔は、童顔で、人なつっこい性格の、明るい青年だった。
行ってもいいかな、とは思いつつ、のびのびになっていたある日、
私は、午後から、上司と取引先に向かう為に会社を出た。
その日は、直帰の予定だったのだが、書類を置きに、会社に寄ったのだ、9時を回っていたと思う。まだ、誰か残業でもしているようだ。
書類を置いたらすぐに帰ろうと思いつつ、中に入ると、女子更衣室の明かりがついている。
てっきり、男性社員が残業しているんだろうと思っていた私は、こんな時間に、誰だろうと、そっと、中をのぞいてみた。
その瞬間、思わず、声が出そうになった。
中で、信吾が、ズボンを下ろし、ペニスをしごいていたのだ。
恍惚の表情で、片方の手には、パンストを持ち、顔に押し付けている。
私は、とっさに、携帯で写真を撮った。
その音に気付いたのか、信吾は、あわててズボンを上げようとしている。
「何してるの!!」
信吾は、慌てている為か、ズボンのファスナーが閉まらず、情けない格好で、「な、なにも」と答えた。
「何もって、その格好でよく言えるわね!」と、近付いていくと、
慌てながらも、何とかズボンを上げ、下を向いて黙り込んでしまった。
「へ~、こんな変態だったんだ~」
「女性の使用済みが好きなんだ~」
無抵抗の信吾を、ネチネチと追い詰めていった。

すると、信吾が、いきなり、私の足元に土下座すると、「申し訳ない。こ、これは違うんだ。もう、絶対しないから、許してくれ」と言ってきた。

「なにそれ、口の利き方教わらなかったようね」

「申し訳ありません。もう、2度としないから、許してください・・・」

「ふ~ん、じゃあ、何してたのか、やってみなさいよ」
「えっ!・・・」
「聞こえなかった?じゃ、この画像、みんなのパソコンに送っとこうか?明日の朝が楽しみね」
「やります。やりますよー」
信吾は、ペニスを引っ張り出すと、しごき始めた。
しかし、状況が状況だけに、一向に、大きくならない。

私は、からかうように、「それが足りないんじゃないの?」と、床に落ちているパンストを指差した。
恥ずかしそうに、パンストを拾い、鼻に押し当てる信吾。
「そんな誰が使ったのかわからないパンストの匂い嗅いで、興奮するなんて、変態ね!」
情けなさそうな顔をする信吾
「誰の物でもいいの?それゴミ箱からとったんでしょ!?変態!!」
私は、信吾をののしり、責めた。
「・・・・む・・つこさんのだから・・・」
顔をうつむけたまま、かすかな声で信吾が言った。
「なに!?」
「睦子さんのだから、嗅ぎたかったし、舐めたかったんだ。だって、だって、飲みに行こうって誘っても、全然行ってくれそうもないし、それで、それで・・・・」
半泣きで、訴えるように言う信吾。
「だからって、なんで、女子更衣室で、パンスト嗅いでる訳?それに、何で、私のってわかるのよ!?」
「それは・・・今朝、睦子さん見た時は、左足が伝線してて、会社を出て行く時には、伝線が無くて・・・」
確かに、私は、取引先に行く前に、パンストを履き替えていた。
「ふ~ん、よく見てるわね。女子社員のそおいうとこばっかり見てるのね!」
「違う!睦子さんだけだよ!」

確かに、信吾が他の女子社員を誘っているのを見た事もなければ、聞いたことも無い。
「本当だよ。入社してから、ずっと睦子さんの事が好きだったんだ・・・・」
うすうす、感じていたが、やはり、私の事を好きだったようだ。
私も、ひつこくちょっかいを出してくる、童顔の後輩を、どおやってペットにしてやろうか、考えていた所だ。私にとって、これは、またとないチャンスだった。

「ほんとかしら?」
「本当だよ!」
「だからって、私が捨てたパンストであんな事していいって事にはならないわ」
「ご、ごめんなさい」
「ふふふ、素直に謝れるじゃない。そんなに私の事が好き?」
「うん。大好きだよ」
「パンスト蒸れてたでしょ?臭かったんじゃない?幻滅したでしょ?」
「そんな事無い、蒸れてたけど、睦子さんのだと思ったら、とってもいい匂いで、俺、興奮しちゃって・・・」

  ふふふ、私の望むとおりの言葉が返ってくるわ。後1歩ね。

「いい匂いな分け無いじゃない!汚いとは思わなかったの!?」
「いい匂いだよ!睦子さんのだもの、汚いなんて思わなかったよ」
信吾は、床に正座したまま、私を見上げて、真剣な顔で言った。

「そう。今言った事、嘘じゃないわね?」
「うん。嘘なんかつかないよ」

私は、部屋の隅に置かれた、机に腰掛けると、脚をぶらぶら揺らして、信吾を見つめた。
信吾は、そのままの姿勢で、こちらを見ている。

「カタン」
ヒールが、私の脚から、脱げ落ち床に転がった。
「おいで」
信吾は、素早い動作で、四つんばいのまま、私の足元までくると、ヒールが脱げたほうの脚を手に取り、私の顔を見上げてきた。
無言でうなずいてやると、むしゃぶりつくように、爪先を舐め始める信吾。
暫く、したいようにさせてやる。
信吾の息が荒くなって、ペニスは既に、大きくなっていた。

「おいしいの?」
「おいしい。おいしいよ~」
「今日は、取引先に行ったり、よく歩いたから、とても蒸れてるでしょ?」
「うん。ちょっと湿ってて、蒸れた匂いがする」
「お前は、その方がいいのよね?」
無意識に、「お前」に変わっていた。

「あ~。睦子様~」
「ふふふ、様だって。お前は、私の奴隷になりたいの?」
はっと、我に返る、信吾。
どお答えていいかわからず、無言のまま、私の顔を見ている。
「素直になりなさい。お前は、恋人じゃなく、奴隷になりたかったんでしょ?」

固まっていた、信吾の表情が緩み、土下座をして、
「私を、睦子様の奴隷にして下さい。お願い致します」と言ってきた。
私は、信吾の頭を踏み付けたまま、「時々、遊んであげるわ。その時は、お前の舌が動かなくなるまで使うから、覚悟していなさい」

これが、信吾とのきっかけだった。
それからは、不定期で、外回りで脚が疲れた日、嫌な事があった日など、そっと、信吾にメモを渡し、残業の振りをして、会社の更衣室で脚とあそこに奉仕させていた。
その関係は、会社が、地方に支店を出し、ちょうど、信吾の地元であった為、会社の計らいで、信吾の転勤が決まるまでの1年ほどの間続き、たっぷり、信吾の舌奉仕を味わった私は、ますます、普通のSEXでは感じなくなっていた。


  あ~、あれから、何年かしら。
  順君で3人目か~。どんなペット、うううん。奴隷になるかしら

部屋に入ってからの事を、頭の中で整理し、どうやって、ペット奴隷に仕立てるか、ある程度、考えがまとまり、用を足そうと、パンティを降ろすと、すでに、ねっとりした液が付いている。無意識に、トイレットペーパーを取りかけたが、思いとどまった。

  拭く必要ないわね

私は、そのまま、用を足しながら、ある事を思いついた。
  
  順君はきっと童貞だろう。しかも、高校生だ。
  きっと、あそこも見たことも無いだろう。
  そんな子に、こんな事を・・・

これから、しようとしている事を想像すると、ますます、あそこが濡れてくる。
今頃、順君は何を考えて、待っているのかな。
あそこを見せてもらえる?
うまくいけば、筆卸?
そんな事を考えているんだろうと思うと、おかしかった。

  そんな事より、もっと刺激的な、いい事があるのよ。
  さあ、そろそろ、お楽しみと行きますか。

私は、下着を上げると、トイレを出、順君を待たせておいた場所へと向かった。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ブログパーツ

[ 2009/04/06 15:45 ] 友達の弟 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

舐め犬とも

Author:舐め犬とも
フェチで少しMな、舐め犬願望の強い、42歳の男です。
純粋に舐めるのが、正確には、そうする事が当たり前のように、舐めさせられるのが大好きです。

アンケート
リンク
相互リンク大歓迎。1番右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

S女性様
私の可愛い牡犬日記
Kaoru’s secret room
人妻 蘭のクンクン~妄想劇場
momo女王様のSM調教部屋
女王妻の退屈しのぎ
ちょっぴりSな愛の恋愛体験ブログ☆
MISTRESS BLADE
~淫臭夢~顔騎痴女JUN
S女】舐め犬を探して【クンニ
JUN♀Blog 顔面騎乗大好き♪
masterslave eroticism
顔面騎乗マニアと変態クンニ動画
女王様-蘭[調教部屋]
大阪 SMクラブ DOMINATION 桜女王様
人妻シミパンダイアリー
かおりんのエッチなブログ
FETISHI-SM RIO
M男性
クンニと舌奉仕の快感を貴女にも・・・
舐め犬の遠吠え
クンニ大好き!『ドMな国田の大冒険』の巻
K様の庭
M男の部屋
私はあなたのトイレです
マゾヒズムに花束を!
世界M紀行
SM情報~黄金 聖水フェチ、奴隷 M男性のサイト
女性の足下に跪く喜び
”匂いフェチ”の館
足フェチ奴隷
頭脳性感
バター犬の舐め犬日誌
舐め犬奴隷のクンニご奉仕ブログ~女王様との出会い~
格安風俗の女王様を探せ
クンニ大好き ! 『貴女の舐め犬になりたい♂』
とものはじめて日記(仮)【サラリーマン時々舐め犬】
M男性サイト
SM体験記
マゾヒストの喜び
CFNM~着衣女性&全裸男性
WhipWorld
禁断の女子トイレ
逆レイプクリニック
動画系
MBK-Style -ソフトM男・パンストフェチ向け動画-
The M Tube -女王様無料動画-
痴女のストッキング
M男専用。
女王様痴女S女M男専用エロ動画CITY
ブーツフェチ・ラバーフェチ・レザーフェチ動画
ミストレスSM動画
M男/女王様動画 肉棒使いサリーブログ

M印
顔面騎乗 M
女王様最前線
女王様動画サンプル研究室
Kudokix
美脚服従
TADAYA
動画総合
無修正動画★もろつべ★
SM総合情報
SM-I
SM BOOK
Mistress Cafe
mちゃんねる
家畜人
SM PARADISE
SMFOCUS
smネットジャパン
小説
アマゾネスの宴
汚パンツ官能小説
脚フェチ
美脚に口づけ -美脚フェチ動画-
東京ジャパンレッグス
パンストフェチ百貨店
金蹴り
SUKEBAN KICK
Favorite Legs
おしっこ
日本人のおしっこ画像
画像
SM原風景
SM PLAY LIVE
栗栖龍太郎の女王様が賑わう街
着衣性交烈伝
足の香り 時の遊び
画像掲示板
女王様と私
匂いふぇち♪の探し物
Mフェチ
ふぇち画像掲示板
SM投稿掲示板
劇的汚ぱんつ!!ビフォーアフター
M動画配信・レーベル
DUGA
B10F 顔面騎乗
ミストレスランド
超醜い豚便器
M男専門へりぽビデオ
Queens Real Live
U&K(DUGA)
フリーダム(DUGA)
甘美会(DUGA)
OFFICE K'S(DUGA)
MCT(DUGA)
C-Format(DUGA)
JAMS(DUGA)
実録出版(DUGA)
竹工房(DUGA)
M的願望症候群(DUGA)
へりぽビデオ(DUGA)
M男系風俗
ソフトM・フェチ男性御用達デリヘル-OPEオーピーイー-
大阪日本橋SWEET POINT
M性感 神戸M・ing
東京ミストレス
東京M性感
痴女~最強、
痴女風
つよいおんなのこ-痴女とM男くん
責め系風俗情報 責める女
個人調教 桂子女王様大阪
サーチ/ランキング
女性のためのSMエログランキング
FC2フェチランキング
erogoo
アダルトサーチエンジン「X」エックス
趣向アダルトナビゲーター
DTI人気ブログランキング
日本エログデータベース

このブログをリンクに追加する
お気に入りレーベルINDEX
QRコード
QRコード


SEO対策:顔面騎乗 SEO対策:女王様 SEO対策:聖水 SEO対策:クンニ SEO対策:美脚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。