FC2ブログ

不動産屋の店員 不動産屋の店員 第9章2(最終章) フェチMともの舐め犬になりたい

匂いフェチ系の少しMで舐め犬になりたい、ともの体験談や小説、興奮したDVDの紹介を細々と書いています。18歳未満の方は閲覧禁止です。

こんなブログを開設しました
ソフトM男・パンストフェチ向け動画-
ソフトM男、痴女、女王様、パンスト、脚フェチ、足フェチをキーワドとする動画をちょっぴり長めのサンプルで紹介しています。PPVはサンプル動画を見て選びましょう(^-^)
クンニテクニック
==========================================
女性が究極の快感に悶え叫ぶ
究極のクンニのテクニックが登場しました。
==========================================
クンニなんてマニュアルで勉強しなくても自然にできるものだと 思っていませんか? クンニの仕方はアダルトビデオでよく見てるから知っていると 思っていませんか? それは大間違いです。
お勧め動画
無修正・痴女M男動画ROSE LIP
イエローキャット
テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット
ホーム > スポンサー広告 > 不動産屋の店員 不動産屋の店員 第9章2(最終章)ホーム > 不動産屋の店員 > 不動産屋の店員 不動産屋の店員 第9章2(最終章)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不動産屋の店員 不動産屋の店員 第9章2(最終章)

峰子様の奴隷になる為に、毎日峰子様の家に通い、下着を口でクリーニングする事になったポチ。
今日は、通い始めて、ちょうど1週間目だ。
初めは、汚れも、それ程でもなかったが、日増しに、汚れがひどくなっていった。
峰子様がわざと汚しているのは、明白で、何も言われないが、私を試されているんだろう。
最後に、ホテルで調教を受けた時、女性の下着はこんなに汚れるのか、と、驚いたが、今は、それぐらいの汚れは普通に思うようになっていた。

先にこちらをお読みください
コスプレ1000人斬りM男特集

女性専用便器 屈辱の尻舐め・便器奴隷
摩美は、上司の部長を奴隷にしている。ある日摩美は、同僚の前で部長に叱られた。その夜部長を呼び出し、激しく折檻し、部長の嫌がる女性専用便器に再調教することを宣言した。精神的な訓練では人間馬、潰れても潰れても乗り回し、絶対服従の心を養った。蹴り、バラ鞭、一本鞭を炸裂させ、鞭等の痛さを体に教えた。物理的な訓練では、黄金に慣れさせなければならない。豚のように口で何でも食べさせ、アナルの清掃で黄金の匂い、味を教え、顔面騎乗でお尻の怖さを教えた。しかし、黄金を食べられないので、先輩奴隷(課長〉を部長奴隷に紹介した。課長奴隷にブーツで黄金を食べさせたが、部長奴隷は食べられない。そこで黄金を口に入れ、人間ブランコで顔面を圧迫し食べさせた。今日は、初の人間便器だ。二人で奉仕させ、人間便器の部長奴隷、アナルを舐める課長奴隷、人間便器は成功だ。毎朝摩美は、檻に入れた奴隷達に黄金を食べさせ、楽しんでいる。

今日も、同僚の誘いを振り切り、定時になると、一目散で、峰子様の部屋に向かう。
預かっている、鍵で、セキリィティーの行き届いたマンションの入り口を入ると、
その頃には、すっかり奴隷モードになる。峰子様の部屋の前に来ると、通いだして、1週間だが、胸がドキドキする。恋愛とはちょっと違う、ドキドキ感だ。

ドアを開け、中に入ると、何足か、ピンヒールが、目に入る。
私は、毎回、その中の一つに口づけをし、「失礼します」と挨拶をした。
峰子様は、まだ、帰っておられない。いつも、帰りは遅いようだ、クリーニングが済んだら、帰るように言われている為、この1週間、峰子様には会っていない。

いつものように、洗濯物のある、洗面所まで行き、ランドリーBOXから、パンティーを拾い上げる。
毎回、1番ドキドキする瞬間だ。まるで、下着泥棒だが、そんな者より、峰子様自身に、口で綺麗にするように言われているのだから、興奮度は尚更だ。
ランドリーBOXの中から、パンティを探り当てると、手に持った瞬間、いつもと違う事に気がついた。湿り気があり、ずっしりと重い。

 まさか・・・

そのまさかだった。パンティーをBOXからだすと、周囲に広がる、おしっこの匂い。峰子様は、パンティーを履いたまま、おしっこされたようだ。
私は、恐る恐る、パンティーを鼻に近づけた。匂いを嗅ごうとしなくても匂ってくる、その匂いは、私を興奮させ、理性を吹っ飛ばすには充分だった。
「私の部屋でオナニーなんてしたら許さないわよ」と、きつく禁止されていた事など、
すっかり、どこかへ飛んでしまい、慌ただしく、ズボンのファスナーをおろし、ペニスを取り出すと、パンティーを鼻に押し当て、目を瞑り、峰子様を思い浮かべながらオナニーを始めた。
ペニスは、すっかり大きくなっている。
「あ・・・あ・・・峰子様・・・」
その時である。
「なぁに?」
「!!!!!」
あわてて振り返ると、
いないはずの峰子様が、洗面所の入り口から、軽蔑した視線を送っていた。
ペニスを隠す事も忘れ、言葉も出ず、ただ、口がパクパク動くだけの私に、
「どうせそんな事だと思ったわ」
「も、申し訳ありません。お許しください!」
慌ててその場で土下座をする。
「所詮、男って馬鹿な生き物よね」
「申し訳ありません!」
「昨日、履き替えたパンティーがそんなに湿ってるはず無いでしょう」
「!」
「お前が来る時間を見計らって、し・た・の・よ」
「・・・」
私は、試されている事を感じていながら、理性を失い、峰子様の言いつけにそむいてしまったのだ。
「お許しください。どうか、どうか・・・」
「どうか・・・なに!?」
「ど、どうか、捨てないでください!!」
「こんな粗相をしておいて、よく言えるわね!」
「あぁ・・申し訳ありません。なんでも罰は受けます。だから、どうか・・・」
「そうね~。お前が人間便器になるって言うんだったら、考えてあげてもいいわよ」
「人間便器・・・ですか・・・」
「そう。それだけよ。言いつけが守れない、お前は、それぐらいしかないでしょう?」
「・・・わ、わかりました・・・峰子様の人間便器にしてください」
「ふふふ、いいの?そんな簡単に言って。無理矢理にでも食べさせるわよ。今までのように、甘くないからね」
「覚悟してます」
「そう。じゃ、両手を出しなさい」
両手を出すと、手かせを付けられた。
「ほら、浴室に入りなさい。そう、そこに仰向けに寝るのよ」
追い立てられるように、足蹴にされ、浴室に入ると、言われるまま、仰向けになる。
すぐに、足枷が付けられる。
峰子様は、私の顔の側まで来ると、見下ろしてじっと私の顔を見てこられた。
「怖い?」
「は、はい」
本心だった。今からされるであろう事を考えると、不安で胸が張り裂けそうだ。
「じゃ、やめる?やめるなら今よ。始めたら、無理矢理にでも食べさせるからね」
そお言って、じっと、私の目を見てこられた。
「いえ、頑張ります」
緊張で、ペニスは小さく萎んでいた。
「ふん」といった感じで、ちらっと、それに目をやると、私の顔を跨ぐ峰子様。
タイトミニから伸びる、黒パンストの足裏で、私の顔をぐりぐり踏みつけながら、
「いい気分だわ」と、楽しそうな峰子様。
私は、普段なら、とても興奮するシーンなのに、それどころではありません。
「そろそろしたくなってきたわ」
そお言って、私の顔を跨いだまま、パンストとパンティーを下ろされます。
「ふふふ。お前の、そのおびえた表情が、ぞくぞくするわ」
そお言って、和式便器で用を足すように、ゆっくりしゃがんでこられます。
「ほら!いつ出てもいいように、口を開けて待ってなさい」
「はい。峰子様」
緊張しているとはいえ、目の前に、峰子様のあそこがあると、ペニスはだんだん大きくなってくる。
それに気付いた峰子様は、
「ほんと、盛りのついた犬ね。いまからされることわかってるの?」
と、軽蔑したように言い捨て、振り返ると、ペニスに向かって「ぺっ!」と、唾を吐きかけられた。
今までの峰子様と違う様子に、今更ながら、後悔するが、もう遅い。
こうなったら、峰子様の黄金を、完食するしかないと、自分に言い聞かせ、口を大きく開けた。
その瞬間、峰子様の股間から、黄金色の液体が、ぴゅっと言う感じで飛び出すと、私の口の中で、はじけた。
「まずはこっちからよ。こっちは、飲みなれてるでしょう」
私の顔をじっと見ながら、放尿する峰子様。
私は、1滴たりとも、零すまいと必死で、飲み込む。
「うまいものね」
やがて、その流れは、だんだん勢いが弱まったかと思うと、最後に、どぴゅっと、私の顔に直撃した。
「あはははは。おいしかった?」
「はい。ありがとうございます。峰子様」
「次は、もっとおいしいわよ」
その言葉に緊張が走る。
「ほら、もっと大きく口を開けなさい」
私は言われるがまま、口を開けた。
「もっと!」
これ以上開かないというぐらいまで口を開けると、
「そうそう。そのままでいるのよ」
峰子様は、若干位置を前に移動される。
峰子様の顔が見えなくなり、かわりに、お尻の穴がドアップで迫ってきた。
「出るとこ、よーく見てるのよ」
上の方から声だけが聞こえる。
お尻の穴を見ていると、ひくひくと動き、開いたり、窄んだりしている。
やがて、明らかに、違う匂いがしたかと思うと、茶色い固体状のものが顔を覗かせた。
初めての経験に、興奮度が高まり、簡単に食べれそうな気になってくる。
早く、落ちて来いと思いつつ、口を精一杯開き、落下を待つ。
「いい匂いがしてきたわね。出てきたかしら?」
私は返事をするのも忘れ、少しだけ見えている、茶色い固形物を凝視していた。
「あらあら。興奮して、声も出ないようね。あっはははは」
「それにしても、今から、うんこを食べさせられるって言うのに、な~に、お前のそのペニス。本当に変態ね。でも、そんなに勃たせてられるのも今のうちよ。ふふふ」
峰子様は、意味深な事を言われたが、私の意識は、目の前の黄金に完全に奪われており、どおいうことかわからなかった。
「口をお開け!」
いきなり、強い口調で言われ、ビクッと我に返る。その瞬間、するすると言う感じで、峰子様のお尻の穴から、黄金が、放出され、私の口に落下した。
黄金は、私の口から少しはみ出すぐらいの長さで途切れたが、口に入った瞬間、ものすごい吐き気に襲われる。
「ぐえぇ~。おぇ」
「食べなさい!」
私は、食べようとするのだが、体が、自然に拒否をし、とうとう吐き出してしまった。
「あらあら、吐き出したわね。食べろって言ったでしょ!」
「も、申し訳ありません」
「私、どうするって言った?」
「・・・・」
「無理矢理にでも食べさせるって言わなかったっけ?」
私の顔を覗き込み、にやりと笑う峰子様に、恐怖を感じた。
「さ、口を開けなさい。まだ終わりじゃないのよ」
恐る恐る、口を開けると、残りの黄金が、峰子様のお尻の穴から、顔を覗かせ、落下した。
「ぐぇぇぇ~~~。げほっ!ごほごほっ!」
私が苦しんでいるのを、じっと見ていた峰子様は、不意に立ち上がると、どこかへ行かれた。
私は、峰子様がおられなくなっても、吐き気に苦しんでいた。
少しは、喉を通ったと思うのだが、結局、全て吐き出してしまっただろう。
まだ、口の中には、少量の黄金が残っているようで、粘土を食べたような感覚が残っている。
暫くして、峰子様が、帰ってこられた。
手には、薄いビニールの手袋のようなものを持ち、もう片方の手には、鞭が握られている。
「もう1度言うわ。食べなさい」
私にとって、頭を鈍器で叩かれたような衝撃だった。
「お、お許しください」
腹部に、強烈な痛みを感じた。峰子様が、鞭を振り下ろしたのだ。
「食べなさい」
「あ~、峰子様、お許しください。お許しください」
また、鞭が風を切る音がし、強烈な痛みが走る。
「食べなさい」
「おゆる」
私の言葉は、峰子様の振り下ろす鞭によって、遮られた。
「そんな言葉聞きたくないの」
「あ・・・ああ」
「ほら、食べるのよ」
私は、恐怖心から、浴室に転がる峰子様の分身に口を近付ける。
「そうそう。いい子ね。初めからそうしていれば、痛い目にあわなくてすんだのに」
ぱくっと、唇で挟んだだけで、また吐き気が襲ってくる。
必死で我慢しても、体が拒否しているのだ。
結局、飲み込んでは吐き出すの繰り返しで、完食なんて、程遠い。
暫く、見ていた峰子様は、私の髪の毛をつかみ、仰向けに転がすと、胸に跨り、パンスト、パンティーを脱がれた。その時、白い、いわゆる本気汁で、ぐちょぐちょになった峰子様のあそこが目に入る。
そして、ビニールの手袋をはめ、黄金を手に取り、私の口に詰め込んでこられた。
「無理矢理にでも食べさせるって言うのはね、こお言う事よ」
そお言うと、愛液でグチョグチョになったパンティを黄金でいっぱいの口に詰め込まれ、さらに、吐き出さないように、パンストを顔に巻かれた。
私は、激しい吐き気に襲われながらも、吐き出すこともできず、飲み込むしかない。
峰子様は、立ち上がると、苦しさにのた打ち回る私を見下ろし、額の辺りを踏みつけ、
「さっさと、食べなさい。痛い目にあいたいの?」
と、残酷な事を言われた。
どれぐらい時間がたっただろう。体力を消費し、ぐったりになりながらも、なんとか、口の中の黄金は、飲み込めたようだ。
その様子に気がついたのか、「食べたようね」と言われると、手枷をはずし、
「お前には、人間便器は無理よ。掃除して帰りなさい。そして、もう来なくていいわ」
そお言い残し、浴室を出て行かれてしまった。

 捨てられた・・・

口の中の違和感よりも、捨てられた事のショックが大きかったが、何もできない、自分に腹が立ち、今までのことを思い出し、涙が溢れてきた。
暫く、動けなかったが、気を取り直し、自由になった手で、足枷をはずし、パンスト、パンティーをとると、浴室をきれいに掃除し、浴室を後にする。
峰子様のおられる部屋の前で、「お世話になりました」と挨拶をし、部屋を後にし、エレベーたーに乗った。正面玄関まで来た時、鍵をお返しするのを忘れた事に気が付き、このまま持っておくわけにもいかず、返しに行く事にした。

さっき出たばかりの部屋のドアを開けると、中から、話し声が聞こえてきた。

「もう、お姉様ったら、本当に、男を便器にするのが好きなんだから~」
「だって、男なんて、それぐらいしか価値が無いでしょ?」
「ははは。そうだけど~。今回は、私もたっぷり楽しませてもらたしね」
「やみつきなったんじゃない?」
「えっ~~。ふふふ」

 この声は、美奈子?

「でも、お姉様、今回の設定は無理があったんじゃない?」
「そうね、あなたが、私の奴隷で、勝手な事をした、とか言って、鞭打ちで、罰を与えたとか言っちゃってね。あっはっはっは」
「そうそう。今回の男は、さんざん、私のおしっこ便器にされたあと、わけもわからず、怒られて、挙句の果てに、大きい方の便器にされたんだもんね」
「楽しかったでしょ?」
「うん。本当に、お姉様は、無理矢理、大きいのを食べさせる為なら、いろんな事考えるわね。あははは」

 今回の男?どおいうことだ?

「便器男の話してたら、トイレに行きたくなっちゃった。ちょっと、おトイレに行ってくるね。こお言う時、便器男がいたら楽なのに」
「初めて食べさせるから、無理矢理でいいんじゃない。欲しい男に食べさせても、面白くないでしょ」
「それもそうね」

ドアが開き、素っ裸の美奈子が現れた。

「あっ!お前まだいたの?」
体のどこにも、あざ一つ無い美奈子が驚いたように言う。
「ど、どおいうこと?」
「あら、聞こえちゃった?」
「お姉様は、大きい方を、無理矢理食べさせる事が好きなの。今回の事は、最初から全部仕組まれてたってわけ」
「な、なんで・・・」
「聞かれちゃったから、教えてあげる。毎回、新しい男を物色して、大きい方を食べさせるの。吐きながらも、一生懸命食べてるのを見てると興奮するんだって。でも、1回きりで、同じ男に2回目は無いの。慣れちゃったら、無理矢理じゃないでしょ?」
「・・・・」
「男なんて、ちょっと、パンツ見せて誘惑したら、ほいほいついて来るしね。で、お前は、もう、用済みなの。わかったら、さっさと帰りなさい」

私は、言葉が出ず、鍵だけを渡すと、部屋を後にした。



痴熟女達がリードする悦楽セックス!
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


ブログパーツ

[ 2009/11/14 04:13 ] 不動産屋の店員 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

舐め犬とも

Author:舐め犬とも
フェチで少しMな、舐め犬願望の強い、42歳の男です。
純粋に舐めるのが、正確には、そうする事が当たり前のように、舐めさせられるのが大好きです。

アンケート
リンク
相互リンク大歓迎。1番右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

S女性様
私の可愛い牡犬日記
Kaoru’s secret room
人妻 蘭のクンクン~妄想劇場
momo女王様のSM調教部屋
女王妻の退屈しのぎ
ちょっぴりSな愛の恋愛体験ブログ☆
MISTRESS BLADE
~淫臭夢~顔騎痴女JUN
S女】舐め犬を探して【クンニ
JUN♀Blog 顔面騎乗大好き♪
masterslave eroticism
顔面騎乗マニアと変態クンニ動画
女王様-蘭[調教部屋]
大阪 SMクラブ DOMINATION 桜女王様
人妻シミパンダイアリー
かおりんのエッチなブログ
FETISHI-SM RIO
M男性
クンニと舌奉仕の快感を貴女にも・・・
舐め犬の遠吠え
クンニ大好き!『ドMな国田の大冒険』の巻
K様の庭
M男の部屋
私はあなたのトイレです
マゾヒズムに花束を!
世界M紀行
SM情報~黄金 聖水フェチ、奴隷 M男性のサイト
女性の足下に跪く喜び
”匂いフェチ”の館
足フェチ奴隷
頭脳性感
バター犬の舐め犬日誌
舐め犬奴隷のクンニご奉仕ブログ~女王様との出会い~
格安風俗の女王様を探せ
クンニ大好き ! 『貴女の舐め犬になりたい♂』
とものはじめて日記(仮)【サラリーマン時々舐め犬】
M男性サイト
SM体験記
マゾヒストの喜び
CFNM~着衣女性&全裸男性
WhipWorld
禁断の女子トイレ
逆レイプクリニック
動画系
MBK-Style -ソフトM男・パンストフェチ向け動画-
The M Tube -女王様無料動画-
痴女のストッキング
M男専用。
女王様痴女S女M男専用エロ動画CITY
ブーツフェチ・ラバーフェチ・レザーフェチ動画
ミストレスSM動画
M男/女王様動画 肉棒使いサリーブログ

M印
顔面騎乗 M
女王様最前線
女王様動画サンプル研究室
Kudokix
美脚服従
TADAYA
動画総合
無修正動画★もろつべ★
SM総合情報
SM-I
SM BOOK
Mistress Cafe
mちゃんねる
家畜人
SM PARADISE
SMFOCUS
smネットジャパン
小説
アマゾネスの宴
汚パンツ官能小説
脚フェチ
美脚に口づけ -美脚フェチ動画-
東京ジャパンレッグス
パンストフェチ百貨店
金蹴り
SUKEBAN KICK
Favorite Legs
おしっこ
日本人のおしっこ画像
画像
SM原風景
SM PLAY LIVE
栗栖龍太郎の女王様が賑わう街
着衣性交烈伝
足の香り 時の遊び
画像掲示板
女王様と私
匂いふぇち♪の探し物
Mフェチ
ふぇち画像掲示板
SM投稿掲示板
劇的汚ぱんつ!!ビフォーアフター
M動画配信・レーベル
DUGA
B10F 顔面騎乗
ミストレスランド
超醜い豚便器
M男専門へりぽビデオ
Queens Real Live
U&K(DUGA)
フリーダム(DUGA)
甘美会(DUGA)
OFFICE K'S(DUGA)
MCT(DUGA)
C-Format(DUGA)
JAMS(DUGA)
実録出版(DUGA)
竹工房(DUGA)
M的願望症候群(DUGA)
へりぽビデオ(DUGA)
M男系風俗
ソフトM・フェチ男性御用達デリヘル-OPEオーピーイー-
大阪日本橋SWEET POINT
M性感 神戸M・ing
東京ミストレス
東京M性感
痴女~最強、
痴女風
つよいおんなのこ-痴女とM男くん
責め系風俗情報 責める女
個人調教 桂子女王様大阪
サーチ/ランキング
女性のためのSMエログランキング
FC2フェチランキング
erogoo
アダルトサーチエンジン「X」エックス
趣向アダルトナビゲーター
DTI人気ブログランキング
日本エログデータベース

このブログをリンクに追加する
お気に入りレーベルINDEX
QRコード
QRコード


SEO対策:顔面騎乗 SEO対策:女王様 SEO対策:聖水 SEO対策:クンニ SEO対策:美脚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。