FC2ブログ

不動産屋の店員 第1章 フェチMともの舐め犬になりたい

匂いフェチ系の少しMで舐め犬になりたい、ともの体験談や小説、興奮したDVDの紹介を細々と書いています。18歳未満の方は閲覧禁止です。

こんなブログを開設しました
ソフトM男・パンストフェチ向け動画-
ソフトM男、痴女、女王様、パンスト、脚フェチ、足フェチをキーワドとする動画をちょっぴり長めのサンプルで紹介しています。PPVはサンプル動画を見て選びましょう(^-^)
クンニテクニック
==========================================
女性が究極の快感に悶え叫ぶ
究極のクンニのテクニックが登場しました。
==========================================
クンニなんてマニュアルで勉強しなくても自然にできるものだと 思っていませんか? クンニの仕方はアダルトビデオでよく見てるから知っていると 思っていませんか? それは大間違いです。
お勧め動画
無修正・痴女M男動画ROSE LIP
イエローキャット
テレクラ・ツーショットダイヤルのイエローキャット
ホーム > スポンサー広告 > 不動産屋の店員 第1章ホーム > 不動産屋の店員 > 不動産屋の店員 第1章

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不動産屋の店員 第1章

年内は、毎日更新を、密かに目標にしていたのに、ちょっと忙しくて、更新できなかった・・・
(T_T)
楽しみにしてくれていた人ごめんなさい。(゜゜☆\(--メ)ポカッ してねえよ!


先にこちらをお読み下さい。

「ほら!早く入りなさい!」
背中を押され、ホテルに入る私。
彼女は適当に部屋を選ぶと、私の腕を持ちエレベーターに乗った。
私はなにがなんだかわからず、一人動揺していた。
彼女はいったいなにを考えているんだ。
私は、どうなってしまうんだろう・・・



よく考えたら、私は、そんなに大したことは、してないじゃないか。
ちょっとパンチラを見ただけだ。
それに、靴へのキスだって、何とでもごまかせるさ。
いくらなんでも、力なら、私のほうが強い。
部屋に入れば、押し倒してしまえばいいのさ。よし、やるか!
と考えていると、彼女は何かを落としたようで、私の足元にかがんだ。
ふふふ、そうやってしゃぶらせてやるからな。と、彼女に、フェラチオをさせているところを想像し、思わず、笑みがこぼれてしまう。
その時だった。
私の足首に、何かが付けられたのは。
な、なんだ、びっくりした私は、彼女から離れようとしたが、足が出ない。
態勢を崩して、転んでしまった。
彼女は、すばやく私の背中を跨いで座ると、私の手をとり、後ろ手に手錠をかけた。
「いいでしょ、これ。おもちゃだけど、結構役に立つのよ」
「手枷だと、とっさにつけれないものね」
なに!?
私は、あれよあれよという間に、手と、足を束縛されてしまったのだ。
そればかりか、彼女は、私のベルトを緩め、ズボンとパンツをおろしてしまった。
「やめろ!はずせ!この野郎!」
「はいはい。せいぜい今のうちだけ吠えていなさい」
エレベータがの扉が開き、歩いていく彼女。
「早く来ないと、他の誰かに見られるわよ」
歩くのもまともに歩けない。
このまま、ここにいるわけにも行かず、私は、うさぎのように、ぴょんぴょん飛びながら、彼女の後を追った。

彼女は、私の方を振り返ると、また、携帯で写真を撮ったようだ。
部屋の前まで来ると、私の頬をなぜながら「恥ずかしい格好ね」という彼女。
「な、なにぃ!早くはずせ!」
「あらあら、威勢のいいこと」と、さっき撮った画像を見せながら言う彼女。
「うっ!」
今更、写真などと思ったが、今度のは、ペニスが写っている事に気付かされた。
彼女は部屋のドアを開け、私の腕をつかみ、部屋の中に放り込むようにしていれた。
引っ張られた私は、体制を崩し、部屋の中にうつ伏せで倒れてしまった。
「躾が必要なようね」と、私の頭を踏みつけ、冷静に言う彼女。
「な、何を言ってるんだ!?頭がおかしいんじゃないのか!?」
頭を踏む足に力がはいり、私の顔は、床に押し付けられる。
「やめろ!痛い!やめてくれ」
「それが、飼い主に対しての言葉使いかしら?」
さらに、足に体重がかけられた。
「う・・お願いします。足をのけてく・だ・さい・・」
「ま、最初だから、いいか。これからは、敬語を使うのよ。わかった?」
足の力が弱まったが、私は、なんで、俺がお前に敬語を使わないといけないんだと、思い返事をしなかった。
「わかったの!?」また、強く踏みつけられ、痛さに思わず、
「わ、わかりました」と言ってしまった。
「そう。ちゃんと、聞かれたら、返事をするのよ。痛い目にあいたくないでしょ?」
彼女は、私の頭から、脚を下ろすと、私に仰向けになるように命じた。
手と、足の自由が利かず、もぞもぞしている私に、
横っ腹を、思いっきり蹴り、「早くしなさい!」という彼女。
呻きながら、何とか仰向けになった私は、言う事を聞かないと、何をされるかわからない、という不安を感じていた。

私が仰向けになると、彼女は、「自己紹介がまだだったわね」
と言いながら、ゆっくり、私の顔をまたいできた。
「私は、田中峰子。26歳よ。これからは、峰子様って呼ぶのよ」
続けて、「お前は、山本雄二23歳、三芝企画の営業部勤務。そうねぇ、これからは、ポチってよんであげる。うれしいでしょう?」
私が、え?っと言う顔をしていると、
「お前の事は何でもわかっているわよ。盗撮が趣味って言う事もね」
と、上から見下ろし、にやりと笑った。
「どうせ、お前の携帯の中、盗撮画像でいっぱいでしょ?」
な、なんで?私は、盗撮の事を言われ、動揺した。
なんで知ってるんだ?こいつは、何者なんだ????
「ほら!見たいんでしょ?遠慮せずに見なさいよ」
私は、こんな状況でも、さっきから、見えている、峰子のスカートの中が気になってしょうがなく、目は、そこを凝視してしまっていた。
それを悟られたようで、恥ずかしかったが、ペニスは反応してしまっていた。
「あらあら、この状況で、よく、そお言う事になるもんだ事」
いやみ混じりに言うと、また、写真を撮る彼女。
「ほんっとに、盛りの付いた犬ね!ポチって言う名前がぴったりだわ」
「な、なんで?何で知ってるんだ?何が目的だ?」
「だから言ってるじゃない。ペットが欲しいって」
「ついでにと言っちゃあなんだけど、ある人、お前の被害者ね。その人に、仕返しを頼まれたのもあるけどね」
「被害者?仕返し?」
「そう。仕返し。お前、盗撮がばれてないと思ってるんでしょうけど、撮られた方はわかってる人もいるのよ。トイレでもやったらしいわねえ。」
「えっ、し、知らないよ」
「じゃあ、どうして、男のお前が、駅前のデパートの、女子トイレから出てきたのかしら?見た人がいるのよ」
「その見た人と、撮られた人が知り合いだったってわけ」
「証拠があるのか!」
「証拠?そんなものいらないわ。その二人は、張り込みしようと思ってたらしいけどね」
私は、少しほっとしたが、それも、つかの間だった。
「張り込みなんて、まどろっこしい事をしなくても、白状させればいいのよ」
「えっ?」
「盗撮される、女性の気持ち考えた事ある?特にトイレを盗撮された女性なんて、ものすごい、恐怖を感じていたのよ!」
と言うと、私の額を、ピンヒールの足裏で踏みつけ、
「このまま、ヒールで、串刺しにしてあげましょうか?」
「やめろ!やめてくれ」
「じゃあ、これに洗いざらい、しゃべりなさい」と、ボイスレコーダーを取り出す彼女。
私は、目の前にある、ピンヒールのとがった先を見つめたまま、それでも、しゃべるもんか!と、無言でいました。
「あら、しゃべりたくないようね」
ヒールが降りてきて、私の頬に食い込みます。
激痛が走ります。とうとう、耐えられず、
「うわぁ~~~。やめろ~やめてくれ。しゃべるから」
頬を踏みつけられて言葉にならない叫び声をあげました。
「はい」
女性は、足を下ろすと、代わりにボイスレコーダーを私の顔の上に持ってきました。
「俺がしゃべったら、どうするんだ?警察に行くのか?」
「お前しだいね。警察に言っても、面白くないし、できたら、それはしたくないんだけど」
少しほっとした私は、あらいざらいしゃべって詫びていた。

「はい。よくできました」
「もう、いいだろ!自由にしてくれ!」
「何言ってるの?私は、ペットが欲しいって言ったでしょ?」
「なにぃ!」
「口の利き方も知らないペットには、御主人様に対しての口の利き方を教えてあげなきゃ」
と言うと、私のズボンから、ベルトを引き抜き、太ももあたりを、打ちました。
「私には、敬語を使いなさいって、言ったでしょ?」
「それに、なに?その反抗的な態度は?」
また、ベルトで打たれました。
私は、打たれるたびに、「うっ!」と、うめき声を出し、痛さに耐えていました。
「私は、峰子様のペットです。って言ってごらん」
「・・・・」
「まだ、わからないようね」
連続で、太ももを打たれました。
彼女は、私の上着とワイシャツのボタンをはずし、お腹をだし、そこにもベルトを振り下ろしました。

「やめろ~。やめて下さい・・・」
「うん?なに?聞こえない」
さらに、ベルトが振り下ろされます。
「やめて下さい。お願いします・・・」
「誰に言ってるのかなぁ?」
また、ベルトが振り下ろされます。
「峰子様、おねがいします。やめて下さい。お願いします」
「少しはわかったようね」
やっとベルトでたたかれるのからは、逃れられました。
もう、私は、恐怖で逆らえませんでした。

峰子様は、私の頭の方に移動し、「見たくて、盗撮までした、女性の股間よ。たっぷり見なさい」と私の顔を跨ぎました。
「どう、うれしい?」
私は、真下から見上げる、女性のスカートの中の黒のパンスト越しに見える、白のショーツが、とてもいやらしく、見入ってしまっていました。
興奮して、私の顔を跨いで立っている、峰子様の問いかけが耳に入りませんでした。
いきなり、顔を、サッカーで、パスを出す時にように、ヒールの側面でけられ、我に返りました。
「私が聞いたら、きちんと返事をしなさい!」
「は、はい。申し訳ありません」とっさに、敬語が出てしまいました。
「あら、きちんと誤れたじゃない。やっぱり、お前は、私がが思ったとおりMよ」
えっ!俺は、Mなのか!?頭の中で、?が駆け巡ります。
「ほら。ぽち。匂いを嗅ぎなさい!」
峰子様は、ゆっくりしゃがんでこられました。
パンストの股間が近づいてくるのを、待ちきれず、自分から、顔を上げていました。
「あっはっはっは。自分から、匂いを嗅ぎに来てるの?いい心がけね」
と言うと、中腰のまま、動きを止められ、「もっと、くんくん嗅ぎなさい!」
私は、パンストの股間に鼻を押し付け、くんくんと、匂いを嗅いでいました。
「ほ~ら、ポチ。御主人様の匂いはどう?」
「はい。とてもいい匂いがします」自然と、言葉が出ます。
「じゃあ、もっともっと嗅いで、私の匂いを覚えるのよ」
そお言うと、そのまましゃがまれ、私の顔は、床と、峰子様の股間に挟まれました。
腰をゆっくり、ぐりぐりと言う感じで、私の鼻に押し付ける峰子様。
「口で息しちゃだめよ。鼻で匂いを嗅ぐの」
私は、言われるがまま、鼻で息をし、匂いを肺いっぱいに吸い込んでいました。
「あら、こんなに大きくして、ほんとうに、マゾね!」
「私は、マゾではありません!」
「ふふふ、お前、ほんとうに、気付いてないの?こんなに大きくして。それに、そのしゃべり方。ふふふ」
はっ!としました。いつの間にか、無意識に敬語になっています。
「わかったようね。お前は、私が思ったとおり、マゾよ。マゾの分際で、よくもまあ、盗撮なんて大それた事をしたものね。たっぷり、思い知らせてあげる」
そお言うと、峰子様は、腰を浮かし、パンストと、パンティを脱がれると、私の胸の辺りに座り、パンティのシミを見せ付けて、「じゃ、これを綺麗にしなさい。舌を出して」
パンティには、しみがべったり付いており、少し黄ばんでいました。
私は、またベルトで打たれるのを恐れ、恐る恐る舌を出しました。
「もっと出すのよ!」
舌をべろ~んと、出すと、「そうそう、引っ込めたら、これよ!」とベルトを持たれます。
そして、パンティのシミの部分を私の舌に押し付け、パンティーを前後に動かします。
「おいしいでしょう?」
舌先に感じる、ぬるっとした感触と、おしっこの匂いを感じながら、「ふぁい」と返事をしました。
「今日ね。お前が、私のパンティーを覗いてから、ずっと、今やってる事を考えてたの。だから、ちょっと、パンティ汚れちゃったのよ。綺麗にしてね。」
「そうそう、あの後、トイレ行っても、拭いてないから。お前に綺麗にさせようと思ってね。」と、楽しそうに言う、峰子様。

私は、朝、覗いたパンティをしゃぶらされるとは、思ってもいませんでした。
「ほら、口の中に入れてあげるから、しゃぶって汚れを落としなさい」
パンティのクロッチ部分が口に押し込まれました。
そして、峰子様は、また、携帯で写真を撮りました。

私は、もう、どうでも良くなりました。
もう、今更、拒んでも、どうしようもありません。
それに、私自身、こんな事をされているのに、興奮していました。
女性のパンティを、口で洗濯させられる屈辱。しかし、屈辱のはずなのに、興奮している自分・・・やはり、俺は、Mなのか?
そんな事を考えていると、峰子様が、「こんな事で許してもらえると思ってないでしょうね?」
許す?これは、罰なのか?
「わかってないようね。なぜ、私が、写真を撮ってると思う?」
「私の弱みを握る為ですか?」
「ふふふ、それも、ちょっとはあるけど、それなら、もう充分でしょ?」
「・・・・」
「お前が、今までに盗撮した女の子の仕返しよ。この写真を、盗撮された子に見せるのよ。そうね~会社の掲示板にでも貼ってあげましょうか?」
「そ、それだけは、許してください。お願いします。何でも言う事を聞きます。どうか、それだけは。」
私は、パンティを含んだまま、必死に懇願した。
「お前がいい子にしてたら、そんな事はしないわ。でもね。私の友達にだけは、見せるわよ!トイレを盗撮された、その子がどれだけ傷ついたか思い知らせてあげる」
「あ・・・ぁ・・・」
「さ、わかったでしょ。早く、パンティ綺麗にしてしまいなさい」
私は、言われるがまま、パンティをしゃぶり、しみを落としました。
もちろん、汚れた唾液は、すべて飲み込まざるをえません。
私は、涙目になっていました。
「泣いても無駄よ。そろそろ、綺麗になったかしら」
そお言って、私の口から、パンティを引き抜く峰子様。
「うん。綺麗になったわね。おいしかった?私のおしっこが浸み込んだパンティは?」
私は、半泣きで、「はいおいしかったです」と答えていました。

「これは、今まで、お前が盗撮した子達の仕返しよ」
パンティを脇に放り投げると、
「今度は、私の友達の分よ。口をあけなさい」
冷たく、峰子様はそお言うと、立ち上がられました。


ランキング参加中です。よければ、クリックお願い致します。


PR

真性M男の転落遊戯

DUGA詳細ページへ飛びます。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]


ブログパーツ

[ 2008/12/19 05:35 ] 不動産屋の店員 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

舐め犬とも

Author:舐め犬とも
フェチで少しMな、舐め犬願望の強い、42歳の男です。
純粋に舐めるのが、正確には、そうする事が当たり前のように、舐めさせられるのが大好きです。

アンケート
リンク
相互リンク大歓迎。1番右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

S女性様
私の可愛い牡犬日記
Kaoru’s secret room
人妻 蘭のクンクン~妄想劇場
momo女王様のSM調教部屋
女王妻の退屈しのぎ
ちょっぴりSな愛の恋愛体験ブログ☆
MISTRESS BLADE
~淫臭夢~顔騎痴女JUN
S女】舐め犬を探して【クンニ
JUN♀Blog 顔面騎乗大好き♪
masterslave eroticism
顔面騎乗マニアと変態クンニ動画
女王様-蘭[調教部屋]
大阪 SMクラブ DOMINATION 桜女王様
人妻シミパンダイアリー
かおりんのエッチなブログ
FETISHI-SM RIO
M男性
クンニと舌奉仕の快感を貴女にも・・・
舐め犬の遠吠え
クンニ大好き!『ドMな国田の大冒険』の巻
K様の庭
M男の部屋
私はあなたのトイレです
マゾヒズムに花束を!
世界M紀行
SM情報~黄金 聖水フェチ、奴隷 M男性のサイト
女性の足下に跪く喜び
”匂いフェチ”の館
足フェチ奴隷
頭脳性感
バター犬の舐め犬日誌
舐め犬奴隷のクンニご奉仕ブログ~女王様との出会い~
格安風俗の女王様を探せ
クンニ大好き ! 『貴女の舐め犬になりたい♂』
とものはじめて日記(仮)【サラリーマン時々舐め犬】
M男性サイト
SM体験記
マゾヒストの喜び
CFNM~着衣女性&全裸男性
WhipWorld
禁断の女子トイレ
逆レイプクリニック
動画系
MBK-Style -ソフトM男・パンストフェチ向け動画-
The M Tube -女王様無料動画-
痴女のストッキング
M男専用。
女王様痴女S女M男専用エロ動画CITY
ブーツフェチ・ラバーフェチ・レザーフェチ動画
ミストレスSM動画
M男/女王様動画 肉棒使いサリーブログ

M印
顔面騎乗 M
女王様最前線
女王様動画サンプル研究室
Kudokix
美脚服従
TADAYA
動画総合
無修正動画★もろつべ★
SM総合情報
SM-I
SM BOOK
Mistress Cafe
mちゃんねる
家畜人
SM PARADISE
SMFOCUS
smネットジャパン
小説
アマゾネスの宴
汚パンツ官能小説
脚フェチ
美脚に口づけ -美脚フェチ動画-
東京ジャパンレッグス
パンストフェチ百貨店
金蹴り
SUKEBAN KICK
Favorite Legs
おしっこ
日本人のおしっこ画像
画像
SM原風景
SM PLAY LIVE
栗栖龍太郎の女王様が賑わう街
着衣性交烈伝
足の香り 時の遊び
画像掲示板
女王様と私
匂いふぇち♪の探し物
Mフェチ
ふぇち画像掲示板
SM投稿掲示板
劇的汚ぱんつ!!ビフォーアフター
M動画配信・レーベル
DUGA
B10F 顔面騎乗
ミストレスランド
超醜い豚便器
M男専門へりぽビデオ
Queens Real Live
U&K(DUGA)
フリーダム(DUGA)
甘美会(DUGA)
OFFICE K'S(DUGA)
MCT(DUGA)
C-Format(DUGA)
JAMS(DUGA)
実録出版(DUGA)
竹工房(DUGA)
M的願望症候群(DUGA)
へりぽビデオ(DUGA)
M男系風俗
ソフトM・フェチ男性御用達デリヘル-OPEオーピーイー-
大阪日本橋SWEET POINT
M性感 神戸M・ing
東京ミストレス
東京M性感
痴女~最強、
痴女風
つよいおんなのこ-痴女とM男くん
責め系風俗情報 責める女
個人調教 桂子女王様大阪
サーチ/ランキング
女性のためのSMエログランキング
FC2フェチランキング
erogoo
アダルトサーチエンジン「X」エックス
趣向アダルトナビゲーター
DTI人気ブログランキング
日本エログデータベース

このブログをリンクに追加する
お気に入りレーベルINDEX
QRコード
QRコード


SEO対策:顔面騎乗 SEO対策:女王様 SEO対策:聖水 SEO対策:クンニ SEO対策:美脚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。